相続税の特例と遺産分割協議 葛飾区の司法書士・野口康長/業務日誌ブログ

main_head.png

HOME > 業務日誌ブログ > お役立ち情報 > 相続税の特例と遺産分割協議 葛飾区の司法書士・野口康長

相続税の特例と遺産分割協議 葛飾区の司法書士・野口康長


相続税の申告期限は被相続人が死亡してから10ケ月以内です。

それまでに遺産分割協議書が作成できなければ、前回お話した

小規模宅地の特例や配偶者の税額軽減は使えなくなりますので、

相続税は最高額になります。

相続人間に遺産争いがあり、申告時までに遺産分割できない場合、

法定相続分で遺産を取得したものとして、相続税の申告と納税を

しなければならないからです。

しかし、申告期限から3年以内に遺産分割協議書を作成できれば、

申告し直すことで、これらの特例が認められ、相続税は戻ってき

ます。

初めから特例の適用を受けたほうが有利なのは、いうまでもあり

ません。

不動産登記・商業登記・裁判事務は、

東京都葛飾区金町6丁目4番1号 金町木下ビル308号

司法書士・野口康長

< 相続税の減税   葛飾区の司法書士・野口康長  |  一覧へ戻る  |  相続放棄の順序ついて    葛飾区の司法書士・野口康長 >

< 前のページヘ  |  一覧へ戻る  |  次のページヘ >

このページのトップへ