相続税が増税に   葛飾区の相続は司法書士・野口康長/業務日誌ブログ

main_head.png

HOME > 業務日誌ブログ > お役立ち情報 > 相続税が増税に   葛飾区の相続は司法書士・野口康長

相続税が増税に   葛飾区の相続は司法書士・野口康長


平成27年1月1日から相続税が改正されました。

相続税の基礎控除額が去年までの6割に引き下げられ、

「3000万円+600万円×相続人の数」になりました。

相続人が3人で相続財産が5000万円の場合、

去年までは基礎控除額が8000万円以下なので

相続税はゼロ円でしたが、今年の1月1日からは

基礎控除額が4800万円になるので、相続税を支払う

ことになります。

相続税を支払うご家庭が東京23区では10%位に増える

といわれています。

同時に、相続税の税率も引き上げられました。

法定相続分の金額が2億円以下の相続の税率は去年までと

変わりませんが、最高税率が55%に引き上げられました。


相続、贈与、売買、抵当権抹消などの不動産登記

増資、設立、役員変更、本店移転などの商業登記

過払い金、債務整理などの簡易訴訟代理業務

遺言書の検認、遺産分割の調停などの家庭裁判所手続きは、

東京都葛飾区金町6丁目4番1号金町木下ビル308号

司法書士・野口康長まで

03-5648-7161

< おめでとうございます  葛飾区の司法書士・野口康長  |  一覧へ戻る  |  相続税を支払う義務のある人は誰  葛飾区の司法書士・野口康長 >

< 前のページヘ  |  一覧へ戻る  |  次のページヘ >

このページのトップへ