過払い金と相続    葛飾区の相続は、司法書士  野口 康長/業務日誌ブログ

main_head.png

HOME > 業務日誌ブログ > 業務事例のご紹介 > 過払い金と相続    葛飾区の相続は、司法書士  野口 康長

過払い金と相続    葛飾区の相続は、司法書士  野口 康長


  Aさんのことは、およそ1年前に相談に来ただけでしたが、母娘の話を聞

  いているうちに思いだしました。 

  病気で入院していた、という母親の言葉がきっかけでした。

  Aさんが3週間前に亡くなり、彼のアパートの遺品の整理をしていたら、

  サラ金からの返済を迫る請求書が何通も出てきた、とAの姉は母親にかわ

  って話しはじめました。 

  返済を弟にかわってすべきなのか、いろいろ考え、お二人で事務所に相談に

  来られたのでした。

  大体の内容がわかったので、私は要点を整理しました。

  ①Aさんの相続人は母親のみである。(Aは独身、父親はすでに死亡)

 
  ②借金の返済義務は母親にある。

  ③返済期間が10年以上あるので過払い金がある可能性がある。
    
  

  私は結論として、取引計算書をサラ金から取り寄せることにしました。

  郵送されてきた計算書を利息制限法で再計算したところ、借金がゼロになっ

  たばかりでなく、約80万円の過払い金をお渡しすることができました。

  Aさんにとって、最後の親孝行になったのでしょうか。 

                        (これは昨年の事例です)


  相続、贈与、売買、抵当権の抹消などの不動産登記

  会社設立、本店移転、役員変更などの商業登記

  簡易裁判所代理関係業務、家庭裁判所の裁判事務は

  東京都葛飾区金町6丁目4番1号 金町木下ビル308号
  
  司法書士  野口 康長

  電話 03-5648-7161

  

  

< 年末・年始の業務のお知らせ  葛飾区の相続は、司法書士 野口康長  |  一覧へ戻る  |  仕事始め    葛飾区の相続は、司法書士  野口 康長 >

< 前のページヘ  |  一覧へ戻る  |  次のページヘ >

このページのトップへ