2013年9月/業務日誌ブログ

main_head.png

2013年9月

遺言のすすめ     葛飾区の司法書士 野口 康長


    遺言を残しておいたほうがよい事例を列挙しておきます。

   ①子供がいない夫婦

   ②法定相続人がいない場合

   ③内縁の妻や夫がいる場合

   ④特定の相続人に会社を継がせたい場合

   ⑤特定の人や団体に財産の全部または一部を寄付したい場合

   ⑥相続人の中に、血のつながらない人がいる場合

    例えば、後妻と前妻の子供が相続人になるようなときは、

    遺産分割がまとまらない心配があるからです。

   相続、遺贈、贈与、売買などの不動産登記

   会社設立、役員変更、本店移転などの商業登記

   相続放棄、遺言書の検認、遺産分割の調停など家庭裁判所への申立て

   過払い金請求、給与未払いなどの簡易裁判所への訴訟代理は

   東京都葛飾区金町6丁目4番1号 金町木下ビル308号

   認定司法書士 野口 康長

   電話 03ー5648-71161    


« 2013年8月 | メインページ | アーカイブ | 2013年10月 »

このページのトップへ