相続人が外国居住者の場合  葛飾区の司法書士 野口 康長/業務日誌ブログ

main_head.png

HOME > 業務日誌ブログ > 業務事例のご紹介 > 相続人が外国居住者の場合  葛飾区の司法書士 野口 康長

相続人が外国居住者の場合  葛飾区の司法書士 野口 康長


  ほとんどの遺産分割はそれほど揉めることもなく、また、

  遺産分割協議書の作成もそれほど悩むようなことはありません。

  今まで経験した中で、相続人の一人にアメリカに帰化した人が

  いる遺産分割が一番大変でした。 相続登記が完了するまでに

  約3ヶ月かかりました。

  外国には日本のような印鑑証明書の制度がないからです。

  外国の国籍を取得した人はその国の公証人、外国勤務の

  人はその国の日本大使館から、サイン証明書を発行して

  もらう必要があります。


  
  相続、贈与、売買、抵当権抹消などの不動産登記

  会社設立、役員変更、本店移転などの商業登記

  過払い金返還請求、債務整理などの簡易裁判所の代理手続き

  遺言書の検認、相続放棄などの家庭裁判所の事務手続きは

 

  東京都葛飾区金町6丁目4番1号 金町木下ビル308号

  司法書士 野口 康長

  03-5648-7161
  

< 母と子の遺産分割  葛飾区の相続は司法書士 野口康長  |  一覧へ戻る  |  遺言のすすめ     葛飾区の司法書士 野口 康長 >

< 前のページヘ  |  一覧へ戻る  |  次のページヘ >

このページのトップへ