相続税の申告について  葛飾区の相続は 司法書士 野口康長 まで/業務日誌ブログ

main_head.png

HOME > 業務日誌ブログ > お役立ち情報 > 相続税の申告について  葛飾区の相続は 司法書士 野口康長 まで

相続税の申告について  葛飾区の相続は 司法書士 野口康長 まで


 相続税の申告をする人は、全体の4%位しかいません。

 相続税がゼロの人は申告する必要がないからです。

 相続財産の総額が、基礎控除(5000万円+1000万円×相続人の数)の

 範囲内であれば、相続税はゼロになります。

 例えば、相続人が3人の場合は、5000万円+1000万円×3=8000

 万円が基礎控除になるので、これ以下の相続では相続税がゼロになります。

 
 小規模宅地の場合は、基礎控除の範囲内でも相続税の申告をしなければなら

 ないと思っている人がいますが、申告をする必要はありません。

 相続財産の総額が基礎控除の範囲を超えているけれど、小規模宅地の特例が

 適用できれば評価額が下がるので、その結果として基礎控除の範囲内になる

 ような場合には、相続税の申告が必要だということです。

  相続 遺言 贈与 売買 などの不動産登記

  会社設立 増資 本店移転 などの会社登記

  家庭裁判所、簡易裁判所  などの裁判事務


  東京都葛飾区金町6-4-1 金町木下ビル308

   野口 康長 司法書士

   03-5648-7161

< 過払い金の使い道  葛飾の借金問題は司法書士 野口康長  |  一覧へ戻る  |  再会    葛飾区の相続  司法書士 野口 康長 >

< 前のページヘ  |  一覧へ戻る  |  次のページヘ >

このページのトップへ