クリスマス 金町の事務所にて/業務日誌ブログ

main_head.png

HOME > 業務日誌ブログ > 日常・想い > クリスマス 金町の事務所にて

クリスマス 金町の事務所にて

クリスマスはキリストのミサという意味で、キリストの生誕を祝う日です。 日本では家族や恋人とケーキを食べる日ぐらいの意味しかないのでしょうか。

最近、メリークリスマスをハッピークリスマスと言う人が時々いたり、10年ほど前に一度だけですが、ハッピーメリークリスマスと言う人もいました。

メリーのうえにハッピーまで付けなくてもいいのではとずっと思っていました。

少し調べてみました。

イギリスではハッピークリスマスとも言い、ジョン・レノンの歌にもあります。

ハッピーメリークリスマスは、和製英語ではないでしょうか。

年末商戦の広告に使われたりするようです。

私の知人で、まだ30歳くらいの東京の若者が、福島の子供達を元気づけるために、サンタの格好をしてプレゼントを配りました。

復興にはまだまだ時間がかかりそうだと言っていましたが、1日だけでも、子供達が楽しい時間を過ごせたのではないかと思い、私は彼の話を聞いてうれしくなりました。

日本にとってはつらい一年でしたが、来年も負けずにがんばっていきましょう。

仕事納め 12月28日

仕事始め  1月 4日

< 過払い金と相続放棄  |  一覧へ戻る  |  債務整理で借金が半分に >

< 前のページヘ  |  一覧へ戻る  |  次のページヘ >

このページのトップへ