よくあるご質問/東京都葛飾区金町の野口司法書士事務所・相続・遺言・遺産分割・裁判はお任せください。

main_head.png

HOME > よくあるご質問

よくあるご質問

相続登記の費用について

相続登記の総費用は、固定資産の評価額が2000万円までは、登録免許税、戸籍等の取得、遺産分割協議書の作成、登記申請を合計して10万円位から17万円位になります。
登録免許税は、評価額が1000万円のときは4万円、2000万円のときは8万円です。
                
参考にしてください。

質問一覧へ

抵当権抹消の費用について

抵当権抹消の費用は、土地建物各1のときは、登録免許税、諸経費、報酬を合計してマンションの場合は19、000円位、一戸建ての場合は20、000円位です。

質問一覧へ

会社設立の費用について

会社設立の費用は、公証役場での電子定款認証から登記所での設立登記申請までのすべての費用を合計して28万円位になります。

質問一覧へ

相続登記の定額コース  葛飾の相続は、司法書士野口康長

らくらくコースは、9万8000円(税込)の定額コースになります。 

戸籍謄本・住民票・評価証明書等の取得から、遺産分割協議書の作成、相続関係説明図の

作成、登記申請までを引き受けさせていただきます。 

但し、印鑑証明書の取得は含みません。

 

がんばるコースは、6万8000円(税込)の定額コースになります。

らくらくコースのうち、戸籍謄本・住民票・評価証明書等の取得を、お客様にがんばっていた

だきます。

 

定額コース以外の普通の相続登記もありますので、相談して下さい。

戸籍謄本(450円又は750円)・住民票(300円)については、1通につき2000円+消費税+郵便代等で取得します。

評価証明書(400円)については、1通につき2000円+消費税+郵便代等で取得します。

ただし1通のみのときは3000円+消費税+郵便代等になります。

遺産分割協議書は、土地・建物合計3個までは、相続人の数×6000円+消費税で

作成します。

相続関係説明図は6000円+消費税で作成します。

この場合の相続登記の総費用は、上記の費用に登録免許税を合計したものになります。

普通10万円位から17万円位になります。

 

定額コースの場合は、6万8000円又は9万8000円に登録免許税(収入印紙)を

プラスした金額が、相続登記の総費用になります。

評価額が1000万円なら登録免許税は4万円、評価額が2000万円なら登録免許税は

8万円になります。

質問一覧へ

相続税の申告について  葛飾区の相続は、司法書士野口康長


 相続税の申告をする人は、全体の4%位しかいません。

 相続税がゼロ円の人は申告する必要がないからです。

 相続財産の総額が、基礎控除(5000万円+1000万円×相続人の数)の

 範囲内であれば、相続税はゼロ円になります。

 例えば、相続人が3人の場合は、5000万円+1000万円×3=8000

 万円が基礎控除になるので、これ以下の相続では相続税がゼロ円になります。 

 普通の一般庶民にとって、相続税の心配をする必要はないと言っても過言で

 はありません。

 

 相続税の申告をする必要がない場合でも、申告書を作成し報酬を請求したり、

 相続財産を調査させてほしいということで10万円~30万円を請求したり、

 被相続人の銀行預金の残高証明書を取得して手数料を請求する税の専門家が

 いますので注意してください。 

質問一覧へ

このページのトップへ